精力減退

中折れは想像以上に多い

男性の性欲は25歳がピークで、その前後5年間が強いです。
30歳を過ぎる頃からゆるやかに減退し、EDや中折れの症状も出始めます。

 

30代と40代のサラリーマン100人に中折れについてアンケートを取りました。

 

1.最近、女性と一緒に居ても勃起しない事がある。
30代:43% 40代:81%

 

2.挿入時に中折れしてしまう事がある。
30代:31% 40代:62%

 

3.勃起しても以前の様に固くならない。
30代:48% 40代:82%

 

ご覧の様に30代の3割、40代の6割が中折れに悩んでいます。

 

体力が衰えると性欲も衰え、更に環境ホルモンや病気・ストレスがある場合はその影響でも精力が減退します。
疲れていたり深い悩みを抱えていると30〜40代でも精力が減退し、EDや中折れが起こるのです。
働き盛りのこの世代でも中折れに悩む人は想像以上に多いです。

 

中折れは想像以上に多い

 

精力減退は性ホルモンと深く関係しています。
男性ホルモンは睾丸と副腎から分泌されますが、ストレスなどで分泌量が減ると精子の発育が悪くなります。
勃起中枢が興奮しにくくなり、精力が減退してEDや中折れが起こるのです。

 

男性の活力低下の原因は男性ホルモンであるテストステロンの減少です。
男性ホルモンの分泌を促進して精力を回復し、勃起力や性器の機能を高めてEDや中折れを防止しましょう。